大阪府認可専修学校

大阪 日本眼鏡技術専門学校

サイトメニュー

最後の宿題

先週の一番大きなニュースは

物理学上「最後の宿題」とされた重力波を

初めて観測したとの事ですね。



重力波を使えば、これまでの望遠鏡で は見えなかった天体現象や

初期の宇宙に迫ることができる。今後の成果に期待が高まります。

「ガリレオが400年前に望遠鏡で 宇宙を見た。

同じように、我々は今日、重力波による天文学の窓を開いた。」

研究チームのデービッド・レイツェ博士は、ワシントンで開かれた会見で

こう喜びを語った。

さらに「本当にエキサイティングなのは次に来るものだ」と述べ、

今後の天文観測で予想される大きな発展に期待を寄せた。



観測装置「LIGO(ライゴ)」が重力波を観測したのは、

昨年9月の観測開始からわずか2日後。

二つのブラックホールが合体した瞬間に周りに生じた

「時空のひずみ」が波となり、13億光年先から地球に届いていたことが

解析で分かった。

一般相対性理論の予言から100年もの長きにわたって

直接観測されなかった重力波は、

「アインシュタインからの最後の宿題」とも呼ばれ、

観測一番乗りを目指して世界中の物理学者が挑戦を続けてきた。

今回のLIGOチームの観測が確実なら、物理学の歴史に

新たな一ページを書き加えるノーベル賞級の成果と言えるでしょう。



日本中の新聞一面トップニュースで報道されましたが

一部地域だけトップの座から外されていました。



香川県民にとっては世紀の大ニュースよりもうどんの方が気になるのかな?

コメント一覧

CAPTCHA Image
[別の画像に替える]

※半角英数字で入力してください