大阪府認可専修学校

大阪 日本眼鏡技術専門学校

サイトメニュー

アッベ数

いつも眼鏡学校・ブログをご覧いただきありがとうございます。

本校の辻校長は両眼視のプロフェッショナル。
プリズムのレンズを使用する事も多いのですが
厚みのあるレンズで気を使わないといけないのが
色収差



色収差とは、レンズ類で像をつくるときに
レンズ材料の分散が原因で発生する収差で
像の色ズレとしてあらわれます。



この色収差に対して
透明体の色分散(屈折率の波長による変化)を評価する
指標がアッベ数です。

アッベ数が高い方が分散が少ない事を示しています。

特に高屈折レンズはアッベ数が低く、周辺部で蛍光灯を見ると
色のにじみを感じますが、これは見慣れた先生の話。



学生が見るとなかなか解んないんだよね~。

学勉だけでなく目も肥やさないと!



コメント一覧

CAPTCHA Image
[別の画像に替える]

※半角英数字で入力してください