めがね学校@おおさか

なあなあ。大阪に眼鏡学校て、あんのん?/ いやー、知らんわぁ。なに習うン?/ せやねん。わかれへんねんー。/ めがねの学校?・・・わからんなー。/

銀の加工

2020.06.11

いつも眼鏡学校・ブログをご覧いただきありがとうございます。


「どんなに違う業種の技術も必ずどこかで繋がっています」
と伊山先生。

image
銀を溶かし 冷やして塊にした後 叩いて伸ばします。

image
伸ばした銀の角棒を丸めてリングにしていきます。

image
作業台は伊山先生作!!

image
銀の塊を叩く金床は 
線路に使われていたレールですって!!
これも伊山先生作!!

体温計測

2020.06.08

いつも眼鏡学校・ブログをご覧いただきありがとうございます。


感染症対策として毎朝、検温を実施しております。
講師も事務員も学生も全員です。



簡単にピッと測定できるのが、この非接触型体温計。

image

赤外線センサーでこめかみの皮膚温度を測定し、体温に予測換算するタイプ。
測定時間が非常に短く、触れずに測定できるため、登校の集中する時間にも最適だし
要介護者や寝ている状態の方への計測に向いています。

一般的には皮膚表面の温度から換算するため誤差が大きい短所があります。

そこで様々な部位でも測定してみました。

オデコだけでなく手の表面やあちこちで測定してみましたが、
なんと!殆ど誤差がありませんでした!

中〇製ですが頼もしい体温計です。


授業再開

2020.06.05

いつも眼鏡学校・ブログをご覧いただきありがとうございます。

大阪府も非常事態宣言が解かれ6月から授業が始まっています。
眼鏡学校では登校時の検温に始まり、消毒や換気をしっかり行い
感染対策を取りながらの授業です。

image

卒業年度生の加工授業ではアナログな溝堀機を使いました。
「昔はこの機械、よく使ったな」と思い出される方も多いのでは?

自動加工機とは違って部分的に溝を掘ったり、深くしたりと融通が利くので
未だに使っているお店も結構あります。

image

舶来のフレームでは 上がヤゲン加工、下がナイロール加工という商品も。
こんな時には自動加工機ではどうしようもありません。
写真では分かりにくいのですが、見事に加工しました。

あくまでもメインではない技術ですが、融通の利く技術者は
どこへ行っても重宝されますので経験の為にこんな授業もしています。


カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

生涯教育認定講座情報

クローズアップ!授業

活躍する先輩にインタビュー

日本眼鏡技術専門学校 Facebook

資料請求 学校体験会