めがね学校@おおさか

なあなあ。大阪に眼鏡学校て、あんのん?/ いやー、知らんわぁ。なに習うン?/ せやねん。わかれへんねんー。/ めがねの学校?・・・わからんなー。/

店で役に立つ“予備検査”

2016.03.23

先週おこなわれました
認定眼鏡士、生涯教育講習の授業風景です。



店で役に立つ“予備検査”と題しての講義です。

眼鏡店で必要なのは視力の検査だけではありません。
より良い視生活のためには両目で楽に見ることが大切です。



まずは座学での講習です。



もちろん、一番の要なのは“問診”なのは
接客業として当たり前です。



やる事がわかれば実践あるのみ。
まずは先生がお手本。

それに続いて皆さんでお互いに検査し合います。



これがお客様の前で自然にできなければいけませんので
この場でしっかり熟知します。


このようにSS級認定眼鏡士は取得だけでなく
日々、技能を向上していかないと
お客様の信頼は勝ち得ません。

これってどんな業種でも同じ事ですけどね。

春はすぐそこ

2016.03.18

今年の開花予想が発表されました。

例年になく早い予報で来週には花開くかも。



予報通りだと3月末には見頃を迎え、入学式シーズンには
すこし散ってしまうかもしれません。




こちら、今朝の学校前です。

蕾は大きく膨らんでいよいよと言ったところです。

学校のある千里ニュータウンは桜の多い街で
通学途上も見ごたえのある桜並木があります。

来校の際はこちらも楽しんでください。

メガネとトータルカラーコーディネート

2016.03.17

昨日のブログに引き続き、

認定眼鏡士生涯教育の講習会が

眼鏡学校でありました。

内容は

”メガネとトータルカラーコーディネート”

講師は本校でも教鞭をとっておられ、

認定眼鏡士講習会では

日本各地で講演されているY野先生です。


受講者は男性ばかりでしたが

みなさん熱心に聞いておられました。

中には女性客の来店が多いので色の事を学びたいと言う
熱心な方もおられました。





色は形よりも先に目に映るので

”色”はとても重要です。



メガネは

大切なお客様の顔の中に掛かるアイテムですからどう扱うかを

レンズカラーを使いながら

カラーコーディネート術や色の効果を学習しました。





配色カードを使用して

色の基本となる色相環を作成し

配色方法の学習です。



*同一色相配色

*類似色相配色

*対象色相配色




対象色相配色は色相環の反対に位置する配色です。

例えば

赤の反対色は緑です。

その組み合わせ・・・

クリスマスの頃に良く見かけますね。

実はお互いをキレイに見せる配色です。

また

赤を10秒程じっと見つめていて

パッと白い用紙に眼を移すと

どんな現象が現れるかを実験をしてもらいました。

なかなか皆さん難しいようです。

最初は何の変化も見られないようでしたので
今度は黄色を見てもらったら

見えました~!

紫色が~~!

そう

補色の残像が見えてくるのです。





その後

メガネフレームとレンズカラーを使った

トータルカラーコーディネートを皆さん実践してもらいました。



男性は普段女性よりも色に接する機会が少ないです。

お化粧とかもしないし

お洋服のカラーアイテムも少ないし

ですから男性は色に関して臆病になってきますが

今日、受講された方は

お店で接客され

レンズカラーなどにも触れられているので

とても色の理解度が良かったです。






春の生涯教育講習

2016.03.16

卒業式が終わり、ブログも少し小休止していました。

大阪の眼鏡学校ではすでに認定眼鏡士になった方向けの
生涯教育講習が行われています。

認定眼鏡士は取得してそのままではいけません。
技術は日進月歩、メガネもレンズも進化します。
また、飽くなき向上心が無くては接客業はつとまりません。

勉強は、正しい基礎をしっかりと反復して力をつけることが大切です。
テニスの錦織 圭 選手が大活躍しているのも、
マイケル・チャンコーチの退屈だが基礎を反復する練習が
あったからだといわれています。

そこで単位制の生涯教育講習という制度があります。
認定眼鏡士の質を高めてこそ消費者の信頼を得られるのです。


と、まあ堅い話はここまでとして講習は和気藹々と
楽しみながら今日は実技です。



プラスチックフレームの修理ということで
まずフロント丁番が折れた想定で丁番の付け替え、
鼻盛りは透明な板材をカットして素材作りから。
最後に下リムをカットしてナイロールにする作業です。



日頃はメガネ店でプロとしてお勤めでも
こんな特殊作業は経験のない方も多くおられます。



加工系ですがナント、講師は女性です!

同業者同士でも日頃は話せない話題で盛り上がります。

ポイントの足らない認定眼鏡士の方々も
是非、学校で生涯教育講習を受けてくださいね。

卒業謝恩会

2016.03.08

卒業式後は場所を梅田に移して
眼鏡学校同窓会主催の“卒業式謝恩会”です。



場所は梅田の一等地、JR大阪駅の上にある28階ビルの最上階。
本来は結婚式場なので雰囲気満点のロケーションです。



実はこちらの会場、K井先生のお嬢様がお勤めの会社なのです。
雰囲気が良かったら結婚式の時には使ってやってね♪



美味しいお料理と素敵な空間につつまれながら
名残惜しい時間が過ぎていきます。

ここで在校生から素敵な贈り物。
生ギター&歌唱です。



指揮者はF本先生。盛り上がりのあまり、
指揮棒を投げ飛ばすハプニングも!

つづいてY野先生によるビデオレター。
昨年も好評だったのですが、そもままでも能がないので
今年は“手話”バージョンです。



卒業式謝恩パーティーで放映した動画です。
著作権云々により音楽がミュートにされるため
パソコン上で再生した動画をスマフォで撮­影しアップしました。
一部のピンぼけ、手ぶれはご容赦ください。




やはり卒業式の山場と言えばコチラ。
恒例☆オカン涙のコメントです。

学生を3年間、ずっと見守ってきたのがT堀さんです。
それゆえ感慨深さも人一倍。
事務員さんの枠を超えて人生相談やの相談まで?
本当の両親より聞いてもらったことが多いかも知れません。

ありがとう、T堀さん、そして立派な社会人になることが
一番の恩返しになります。

がんばれ!卒業生!!

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

生涯教育認定講座情報

クローズアップ!授業

活躍する先輩にインタビュー

日本眼鏡技術専門学校 Facebook

資料請求 学校体験会