めがね学校@おおさか

なあなあ。大阪に眼鏡学校て、あんのん?/ いやー、知らんわぁ。なに習うン?/ せやねん。わかれへんねんー。/ めがねの学校?・・・わからんなー。/

今年最後の行事

2015.12.10

年末恒例 学校周りの大掃除です。



学校の周りにはモミジバフウの並木があり、綺麗に紅葉しています。



しかし、大量の大きな葉っぱが落ちて溝に溜まります。





雑草もあっという間にのびます。



のび放題のアベリアを丁寧に丁寧にカットするのはMr.几帳面平井先生です。
明日、腕筋肉痛ですね!!



落ち葉を集める姿...素晴らしい開脚の平井先生
ぎっくり腰に気をつけて!!!



集めた落ち葉と刈った草を集めて~~~



何と! 70リットルのゴミ袋が.....15袋


みんな、ほんまにお疲れ様でした。

平井先生、ありがとうございました。



・お・ま・け・



ちりとりで、宇宙と交信する“オカン”



愛車を、箒に乗り変えた“平井先生”


今年も楽しい学生達でした。
年内のすべての授業は終わりました。
新年、授業開始は1月6日(水)からです。
皆様、お身体に気をつけられ、良いお年をお迎えください。

PS.事務局は12月28日まで業務していますので~~

もうすぐ冬休み

2015.12.09

いよいよ本年の授業も終わりです。
吉田先生の“メガネデザイン”の授業も
佳境に入ってきました。



現在は、「実際にメガネをデザインする」ことをしてるので・・・



この日は学校に「お店に置いてある型サンプル」を持って行って、
デザインの参考にしてもらいました。



皆さん「自分の眼鏡」になるので、選ぶのも真剣です。



これは「それっぽい」アドバイスをしてるところw



これも「それっぽい」アドバイスをしてるところw



コンパスや定規、使えるモノは何でも使って・・・



皆さん、思い思いに眼鏡をデザインをしていきます♪

もう少し「デザイン」を仕上げた後、来年からは実際にデザインした眼鏡を
自分たちで作っていく授業になっていきます。


 ∞ ∞ ∞(おまけ) ∞ ∞ ∞

この日の前日が誕生日の吉田先生・・・



生徒さんが、お祝いに「ケーキ」を買って来てくれました!!
うれしーーーーー!!(※男子生徒ですがw)



さらに、アメちゃんもいっぱい頂きました♪
うれしーーー!!(※男子生徒ですがwww)


クリパ

2015.12.08

クリパ、クリスマスパーティーのことです。

パーティーといっても茶話会ですが、



今年最後の授業は、O谷くんの発表の後、

お茶とコーヒーでクッキーをいただきました。




このクラス、ここまで全員皆勤だったので、
クラス担当の船本先生からの差し入れです。



きけば、このクラス、お昼には材料を持ち寄り、
みんなで鍋を囲むことも多いようです。



町中にぎやかな日本のクリスマスに比べ、
欧米では、むしろ家庭的なイベントですが、
眼鏡学校という家庭で家族のように学ぶ彼らです。




プレゼント交換..みたいな...



先生も... 笑いが不自然?でも可愛い(~~)



クッキーを2枚持ったらこんなことしたいヤツ、必ずいますね(~~)



梅岡先生...「たまにはこんなんも楽しいな!真面目ばかりじゃあかんな!」と、目を細めて楽しそうでした(~~)

来年に向けて♫

2015.12.07

いよいよ本年の授業も残すところわずかとなりました。



この日は実際に「メガネをデザイン」をしていく授業。

みんなそれぞれに「テーマ」を決めて、
それに沿ってデザインしていってもらいます。



タイ視察のお土産の「グミ」などを食べながら、みんな黙々とデザイン。



好きなデザインをスラスラと書いていく生徒さんもおれば・・・



少しずつ、丁寧に、キレイに描いていく生徒さん、

「う~ん…」と悩んで、全くペンが動かない生徒さん…

それぞれのキャラが出るので、面白いです♪



こうやって描いていった「デザイン」は、
実際に来年の「眼鏡製作」する時の
「デザイン」になります。

「自分で描いて、自分で作る」

好きな人には、とっても楽しい授業だと思いますよ♪

色々あっていい。

2015.12.04

K君が『芸術』の課題だった『ヒーリングミュージック』の発表を少し早く終えました。少し試したいことがあるので、やらせてもらっていいですか、というので、彼に任せることにしました。




と、他クラスからも生徒を集め始めます。先生も集まってきます。




彼の指示に従って、スマホを設定して並べると、







まあ、不思議、あら、楽し、みんなのスマホ画面を使って、にぎやかなパレードが始まりました。有名なテーマパークの電飾が美しいパレードの再現です。



スマホを並べてみたときは、大きさや画面の明るさも色々でどうなることかと思ったのですが、変に画面のサイズをそろえたり、明るさを整えるより、臨場感もあって、自然でいいと思いました。そのほうが、みんなで一つのことを成し遂げた感じがするのがいいと思います。


眼鏡技術者は、基本的に一匹狼の孤独な職人です。でも、よりよい眼鏡を皆さんに提供したい、という共通の思いは確かにあります。学校ではもちろん、卒業後も仲間同士で支えあい、高めあってほしいものです。

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

生涯教育認定講座情報

クローズアップ!授業

活躍する先輩にインタビュー

日本眼鏡技術専門学校 Facebook

資料請求 学校体験会