めがね学校@おおさか

なあなあ。大阪に眼鏡学校て、あんのん?/ いやー、知らんわぁ。なに習うン?/ せやねん。わかれへんねんー。/ めがねの学校?・・・わからんなー。/

ロービジョン用単眼鏡

2016.03.25

ツイートする

本日もSS級認定眼鏡士、生涯教育講習についてでございます。
どうぞ、お付き合いくださいませ。

メガネ屋に来られるすべてのお客様が
良い視力を得られるわけではありません。



ロービジョンとは視機能が弱く、矯正もできない状態。
それにより日常生活や就労などの場で不自由を強いられている。
従来は弱視、または低視力と呼ばれた状態、
またはその人のことである。全盲ではない。
「見えにくい人」とも呼ばれる。

Wikipediaより

このように視力が出にくい場合は対象物を拡大して見ると
分かりやすくなります。
そこで使うのが“単眼鏡”



ロービジョン用単眼鏡は望遠鏡の一種ですが、
遠見視だけでなく近見視にも使用可能。

この講義ではその構造と使用法について解説されます。



もちろん、遠くも良く見える。
両眼視のし難い方は双眼鏡を使いにくいですが
これならOK。



手元の見え方は?というと…



やっぱり自分で見てみないと分かりません。



視力の弱い方には心強いアイテムです。



その他にも様々な拡大鏡もご紹介。



手軽に使えるのはコチラです。



卓上にポン!と置くだけで
複雑なピント合わせは要りません。

こちらのスタンプルーペ「みてみ」
ご興味のある方は下記サイトへお問い合わせください。

   ↓

社会福祉法人 日本ライトハウス

(今回担当の先生はコチラの方です)

記事一覧へ

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

生涯教育認定講座情報

クローズアップ!授業

活躍する先輩にインタビュー

日本眼鏡技術専門学校 Facebook

資料請求 学校体験会