めがね学校@おおさか

なあなあ。大阪に眼鏡学校て、あんのん?/ いやー、知らんわぁ。なに習うン?/ せやねん。わかれへんねんー。/ めがねの学校?・・・わからんなー。/

メガネ川柳コンテスト

2020.08.20

ツイートする

いつも眼鏡学校・ブログをご覧いただきありがとうございます。

先日は神戸の長田神社に車で行ってきました。
毎年恒例の10月1日に行われる〝眼鏡感謝祭〟の打ち合わせです。

今年はコロナウィルスの影響で最低限の小規模に抑えた感謝祭を
開催することとし、来賓も来なければお焚き上げもしない
玉串奉奠の御神事のみ行います。



何もかもが異例尽くしの一年でイベントがことごとく中止の中、
東京眼鏡販売店協同組合が主催する〝メガネ川柳〟が今年も開催され
募集されています。

第18回『メガネ川柳コンテスト』


川柳に「メガネ」や「目」、「コンタクトレンズ」にあやかった言葉を使って、
オリジナリティに溢れた作品、ホロッとさせられる作品、ウイットに富んだ
作品をお待ちしています!

応募締切は2020年8月31日まで。

このコンテストは、「10月1日メガネの日」の普及活動の一環として、
東京眼鏡販売店協同組合の主催で実施しています。
「メガネ」への思いやエピソード、あるいは「メガネ」を連想させる作風を
はじめ、『サングラス、老眼鏡、コンタクトレンズ、物を見る』などを
素材に、ステキな川柳(5・7・5の17文字)をお作り下さい。

 

ちなみに、ご参考までに過去の入選作品をご紹介しますと・・・・・・・・・・・
  ◎第11回最優秀作 メガネかけ 母の手を見て 感謝する   ありんこ
  ◎第12回最優秀作 感謝して 眼鏡を贈る 親孝行       花の四十代
  ◎第13回最優秀作 いい眼鏡 顔に心に フィットする   さすらい
  ◎第14回最優秀作 見えすぎて 視線のやり場に 困る夏   子猫17号
  ◎第15回最優秀作 老眼鏡しても読めない 園児の名     中年やまめ
  ◎第16回最優秀作 00歳の 祖母の眼鏡を 新調す      ゆうたくママ
  ◎第17回最優秀作 親が連れ 通ったメガネ屋 親を連れ   鏡理沙


最優秀作品をはじめとする入選者には、豪華な賞品があるそうです。

ウェブ上で応募できるイベントの為、安心してご参加ください。

記事一覧へ

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

生涯教育認定講座情報

クローズアップ!授業

活躍する先輩にインタビュー

日本眼鏡技術専門学校 Facebook

資料請求 学校体験会