めがね学校@おおさか

なあなあ。大阪に眼鏡学校て、あんのん?/ いやー、知らんわぁ。なに習うン?/ せやねん。わかれへんねんー。/ めがねの学校?・・・わからんなー。/

手作りフェイスシールド

2020.04.30

ツイートする

いつも眼鏡学校・ブログをご覧いただきありがとうございます。

最近、ブログの更新が滞って申し訳ございません。
本来ならば春の卒業式・入学式とイベントが目白押しの時期ですが
コロナウイルスの影響で来賓方もお呼びできなくひっそりと行いました。

この世界中では数か月前とは何もかもが変わってしまいました。
学校の授業再開も緊急事態宣言が解除されるまでは出来ません。

大阪では感染者の数が急増し、医療現場で感染リスクと闘いながら
お仕事をされている皆様には本当に頭の下がる思いと感謝の思いで
いっぱいですね。本当にありがとうございます。

医療従事者を感染から守るN95マスクやフェイスシールドなどの医療物資などが
不足しているそうですが、今日のブログでは著名なデザイナーの吉岡徳仁さんが
発明した医療用に使用できる自分で作れるフェイスシールドがあるそうなので
ご紹介をさせていただきます。



吉岡徳仁さんはNewsweek誌「世界が尊敬する日本人100人」に選出され
東京2020オリンピックでは聖火リレートーチのデザインを担当もされています。

image

作り方の詳しい動画やダウンロードする型紙も吉岡徳仁さんが
無料でテンプレートを配信されています。



そこで私も実際に作ってみました。
まずA4クリアファイルを用意します。

image

1枚づつにばらし、ダウンロードした型紙にそってカットしていきます。

image

吉岡徳仁さんのサイトからダウンロードした型紙を用意します。
大きさによって何種類かデータがあります。
今回はA4のデータでやってみます。

image

クリアファイルと型紙をセロファンテープで仮止めしてハサミで切っていきます。

image

カットしたらメガネを差し込む部分印のところに
カッターナイフで切り込みを入れます。

image

そしてお持ちのメガネや伊達メガネのテンプル(ツルの部分)を
切り込み口に差し込んでいきます。

image

キチンと差し込んだらくるりんぱ。

image

これで手作りフェイスシールドの出来上がりです!!
あっという間に出来ました!!
サイズは切り方によって変えることも出来て
自分で大きくも小さくも変更することが出来ます。

image

そして何よりも私達が感染しないように心掛けるのも
医療従事者の方達の負担を減らすのにとっても、
自分の周りの大切な人達を守る為にも最も大切なことですね。

周りでフェイスシールドを探している医療従事者の方がいらっしゃれば
是非、教えて差し上げてください。


記事一覧へ

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

生涯教育認定講座情報

クローズアップ!授業

活躍する先輩にインタビュー

日本眼鏡技術専門学校 Facebook

資料請求 学校体験会