めがね学校@おおさか

なあなあ。大阪に眼鏡学校て、あんのん?/ いやー、知らんわぁ。なに習うン?/ せやねん。わかれへんねんー。/ めがねの学校?・・・わからんなー。/

NIDEKへGO! 2

2017.10.10

ツイートする

いつも眼鏡学校・ブログをご覧いただきありがとうございます。

先週に引き続き機器メーカーNIDEKさんのショールーム見学です。



こちらはオペで使う顕微鏡。
普段のショールームは眼科医さんも多く来られ
“ブタの目”を使って模擬オペをしたりされるそうです。

この日はもちろんブタさんは不在。



硝子体カッター+オペ機器

もちろん一般メガネ店員が見ることはありません。



IOLインジェクター
こちらは将来見るかも(笑)



手前がOPD、奥が眼軸長測定器



OCTという機器で網膜の断層を見ることができます。
ご自身の網膜、見たことありますか?



最後に加工機。
ハイカーブ対応のハイエンド機種は
ツーポイント加工はもとより
ザグリ加工、ノッチ加工等
今まで見たこともない仕上がりです。

「これ一台あれば眼鏡士要らないんじゃない?」

いやいや、使いこなすのは眼鏡士ですから。


お世話になったNIDEKさん、ありがとうございます。
貴重な体験ができました。

記事一覧へ

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

生涯教育認定講座情報

クローズアップ!授業

活躍する先輩にインタビュー

日本眼鏡技術専門学校 Facebook

資料請求 学校体験会