めがね学校@おおさか

なあなあ。大阪に眼鏡学校て、あんのん?/ いやー、知らんわぁ。なに習うン?/ せやねん。わかれへんねんー。/ めがねの学校?・・・わからんなー。/

ロウ付けの練習

2017.04.19

ツイートする

いつも眼鏡学校・ブログをご覧いただきありがとうございます。

今日は、伊山先生の授業です!

今期も授業が始まりました。
今年は昨年までと違い、
鍛金(金づちで叩く)作業を外すことになりました。
理由はとにかく音がうるさいのと、
生徒さん達が慣れない金づちで
ケガをしないために…


(これは、数年前の様子 叩いてます)


ということでもう少しロウ付けの練習に焦点を当てて、
金属加工の難しさを感じてもらう運びとなりました。

今回は授業1回目なので簡単ではあるものの危険等の説明をして、
実際に銀を溶かす作業をしてもらいました。



バーナーの温度は約1000度強で、
15gの銀を溶かすのにだいたい15分位かかります。



結構集中力のいる作業なので、
1人目の生徒はなかなか溶けなくてバーナーの火が離れてしまい、
さらに時間がかかってしまいました。
ただ溶け始めると楽しかったようですが(笑)
集中して唇がとんがってます(笑)



2人目の生徒はすごい集中力で
10分そこそこで溶かしてしまいました。
3人目の生徒はちょっと時間がオーバーして
しまいましたがなんとかできました。



道具の関係上、1人ずつしか作業できないので他の人には鍛金の動画を少し見せておきました。








来週はリング作りの基本「ロウ付け面の擦り合わせ」を
学んでもらおうかと思います。

ここから個人差が出てくるので皆楽しんでくれるか心配です。

記事一覧へ

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

生涯教育認定講座情報

クローズアップ!授業

活躍する先輩にインタビュー

日本眼鏡技術専門学校 Facebook

資料請求 学校体験会