めがね学校@おおさか

なあなあ。大阪に眼鏡学校て、あんのん?/ いやー、知らんわぁ。なに習うン?/ せやねん。わかれへんねんー。/ めがねの学校?・・・わからんなー。/

冬の眼鏡店実習(3)

2016.12.16

ツイートする

いつも眼鏡学校のブログをご覧いただきありがとうございます。

眼鏡店実習 Part3です。

今日は、こんな報告です.....



こちらのお店には眼位異常や眼疾患を持ったお客様が多く来られます。
幅広い対応力を求められるのでそれだけの知識が必要です。
ということで…眼科学の座学です!!






先生マンツーマンのもと勉強しています!

普段は見れない先生の加工姿。




見ているだけでも学ぶ所が沢山あります。




こちらはプリズムが必要なお客様のレンズです。
基底内方なので鼻側が分厚くなってます。




削った後でこの厚み。
これだけ分厚いとクリングスに当たってしまうんじゃないですか先生!?
いやいや!そこはU字のクリングス仕様のフレームを選ぶことによって解決です!




キレイに仕上がりました〜!
プリズムの注意点やフレーム選びのポイントなど実践的な話は学生にとってとてもいい勉強なります!

作業中の先生は超真剣!!




「加工は見て盗むんやで」と言わんばかりの背中。

男は背中で語ります!!!




学校では学べない、実際の店舗での雰囲気が伝わってきます。

本校講師の多くは普段、実際の現場で活躍されている先生が多く
また、生徒も他校より多い研修によって
『現場力』
を鍛えるカリキュラムになっています。

まさに実践してますね〜。

記事一覧へ

コメント一覧

1. オーラが! 

すごいです!多くは語らず背中で語る。
そして、さりげなく肩に引っ掛けるセリートがたまりません!

豚·珍·勘  2016.12.16

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

生涯教育認定講座情報

クローズアップ!授業

活躍する先輩にインタビュー

日本眼鏡技術専門学校 Facebook

資料請求 学校体験会