めがね学校@おおさか

なあなあ。大阪に眼鏡学校て、あんのん?/ いやー、知らんわぁ。なに習うン?/ せやねん。わかれへんねんー。/ めがねの学校?・・・わからんなー。/

しょうてん≠学ぶ

2016.05.31

ツイートする

2006年から司会を続けてきた笑点の司会者が10年ぶりに代替わりしました。



と、いうのはしょうてん∴痰「で
眼鏡学校では焦点≠フ講義で屋外にて実験しています。




焦点≠ニはその字のごとく焦げる点≠フことです。

昔、小学生の時にルーペで黒い紙を焼きましたよね。

レンズの原理はすべてここにあるのです。



凸レンズは一定の焦点距離で光が集まるのはご存知ですよね〜。



ここからはあまり実験された方の少ない分野。

凹レンズは光が拡散してしまい、中心部の明るさが減ってしまいます。



乱視レンズで試された方はかなり少ないと思います。
凸度数の単性乱視では片軸だけ結像するのです。





やっぱり実際に見る実体験≠通せば
実際の焦点≠知ればレンズの座学も呑み込みが早まりますね。






記事一覧へ

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

生涯教育認定講座情報

クローズアップ!授業

活躍する先輩にインタビュー

日本眼鏡技術専門学校 Facebook

資料請求 学校体験会