学校概要

本校の方針

我が国の眼鏡業界の基盤を支える、自主独立して眼鏡店を営むことができる人材を育成します。

(技術力)眼鏡の光学的医療的目的を 満足させながら 美容的側面にも配慮できる。(提案力)お客様に 最も適切な眼鏡を 調製し提供できる。(人間力)教養を高め 常に新しい技術・知識の 習得に努める。

本校の特色

 
上記の理念を達成するため3年制とし、第一学科を置きました。
高卒者に対しては1年間基礎教養科目を修得させ、眼鏡技術者に求められる人格形成を目指しています。
 
大学(短大)卒業(見込み)者は第二学科に入学し、2年間で専門知識・技術の習得につとめます。
 
現場に即応できる技術者を養成するため、卒業年次には眼鏡店実習と病院研修、ならびに卒業レポートを課しています。
 
眼鏡店において今後必要となってくる補聴器フィッティング、補聴器販売の実務についても大きな時間を割いています。
 
講師陣には、元薬科系大学教授、元工学系大学教授のほか、多数の現役眼鏡士を擁し現場直結の実務者教育に配慮しています。

沿革

昭和43年5月、「日本眼鏡技術学校」として、宇山安夫 大阪大学名誉教授を校長に迎えて開校されました。
日本で初めての眼鏡技術者養成学校です。
大阪を中心とした眼鏡商工業者が、全国の同業者に募金を呼びかけ設立基金としました。
当時は大阪市阿倍野区にあり、1期生、2期生は6ヶ月間の修業期間でした。
現在、卒業生1500名を数えています。

昭和42年12月 日本眼鏡技術者協会が日本眼鏡技術学校後援会を発足させ、学校設立資金の募金活動を開始。
昭和43年5月 日本眼鏡技術学校 開校。
学校長 日本眼科学会名誉会員 宇山安夫 大阪大学名誉教授。
昭和47年2月 拡張のため、現在の吹田校舎へ移転。
昭和49年 第7期生より学校長の推薦で、大阪眼衛生協会の眼鏡士資格取得可能になりました。
昭和53年4月 第2代校長 牧内 正一 大阪医科大学名誉教授が就任。
昭和60年9月 眼鏡技術通信講座を開始。
昭和61年3月 第3代校長 水川 孝 元大阪大学名誉教授が就任。
昭和63年3月 学校法人銀海学園認可。
平成5年4月 第27期生より基礎学科3年、専門学科2年制となりました。
平成10年10月 開学30周年記念式典挙行。
平成14年4月 第4代校長 東 郁郎 就任
平成15年4月 2年制通信教育課程開講
平成19年3月 卒業試験をSS級認定眼鏡士資格取得試験となる
平成20年10月 開学40周年記念式典挙行。
平成23年2月 現理事長 西村輝和
現校長 辻 一央  就任。

資料請求 学校体験会